LINEMOに乗り換え

ahamo(アハモ)からLINEMO(ラインモ)に乗り換え手順やポイントまとめ

ahamo(アハモ)からLINEMO(ラインモ)に乗り換え手順やポイントまとめ。

LINEMO契約でPayPayボーナス最大1万円相当プレゼント!

LINEMOを新規契約または他社から乗りかえで契約すると、PayPayボーナス最大1万円相当プレゼントされるキャンペーンが実施されています。

ミニプラン(月3GB)で契約するとPayPayボーナス3000円相当プレゼント、スマホプラン(月20GB)で契約するとPayPayボーナス1万円相当プレゼントです。

SIMカードで契約してもeSIMで契約しても適用されます。eSIMで契約すれば最短即日にLINEMOを使い始めることができますよ。

スマホプラン
20GB/2,728円
ミニプラン
3GB/990円
他社から乗り換えPayPayボーナス
10,000円相当付与
PayPayボーナス
3,000円相当付与
新規契約PayPayボーナス
10,000円相当付与
PayPayボーナス
3,000円相当付与

ソフトバンクやワイモバイルからLINEMOに乗り換えるときは適用対象外ですが、LINEモバイルからLINEMOに乗り換えるときは適用対象になります。

キャンペーン詳細は、【最新】LINEMO(ラインモ)キャンペーンまとめを御覧ください。

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

ahamo(アハモ)からLINEMO(ラインモ)へ乗り換え手順やポイントを最初にまとめ

SIMカードのみ契約+今使っているAndroidスマホやiPhoneを使い続ける

  • ahamoからLINEMOに乗り換える
  • SIMカードのみ契約する
  • ahamoで使っていたAndroidスマホやiPhoneは、KINEMOに乗り換えても使い続ける

ときの手順は以下の通り。

流れ

  • 今使っているスマホがLINEMOで動作確認されているか、SIMサイズを確認
  • ドコモやahamoでスマホを購入している人はSIMロックを解除する
    購入した時期や支払い方法によっては購入時にSIMロック解除手続きがされているが、絶対にSIMロックが解除できているか確認
  • ahamoでMNP予約番号を取得する
  • LINEMO公式サイトにアクセスする
  • 「予定しているお手続きを教えてください」では【今の電話番号をそのまま使用する】を選択
  • 「現在利用中の携帯電話会社を教えて下さい」では【他社携帯電話会社】を選択
  • 「利用するSIMを教えて下さい」では【SIMカード】を選択
  • 後は画面の指示に従って、プランやオプション選択などの手続きを進めていき、LINEMOの契約を完了させる
  • SIMカードが手元に届き次第、回線切替を行う
  • SIMカードをスマホに挿してAPN設定をする
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

ドコモからahamoへの移行は「料金プラン変更」と同じ扱いなので、SIMロックを解除しなくてもスムーズにahamoに移行できました。

そのため、スマホのSIMロックを解除していない人が非常に多いと思います。LINEMOでキャリアのスマホを利用するときはSIMロックを解除が必須です。

SIMカードのみ契約+自分で用意した新しいSIMフリースマホを使う

  • ドコモ/ahamo、au/UQモバイル/povo、楽天モバイル、格安SIM(LINEモバイル含む)からLINEMOに乗り換える
  • とにかく、ソフトバンク/ワイモバイル以外からLINEMOに乗り換える
  • SIMカードのみ契約する
  • 自分でSIMフリーのAndroidスマホやiPhoneをAmazonなどの通販や家電量販店で買ってきて使う

ときの手順は以下の通り。

手順

  • LINEMOで動作確認されているSIMフリーのAndroidスマホやiPhoneを用意する
  • 今契約している携帯電話会社で、MNP予約番号を発行する
  • LINEMO公式サイトにアクセスして、申し込みボタンを押す
  • 「予定しているお手続きを教えてください」では【今の電話番号をそのまま使用する】を選択
  • 「現在利用中の携帯電話会社を教えて下さい」では【他社携帯電話会社】を選択
    LINEモバイルの場合は「LINEモバイル」を選択
  • 「利用するSIMを教えて下さい」では【SIMカード】を選択
  • 後は画面の指示に従って、プランやオプション選択などの手続きを進めていき、LINEMOの契約を完了させる
  • 申込完了後、1~2時間で「お申し込み完了お知らせメールが届く
  • 審査に通ると「商品発送のお知らせ」メールが届くので、SIMカードが届くまで待つ
  • 数日後にSIMカードが手元に届く
  • 新スマホにLINEMOのSIMカードを入れて、新スマホのセットアップ・データ移行などをして、新スマホが使える状態にする
  • WEBサイトまたは電話から回線切替を行う
  • iPhoneはiPhone・iPadで通信をするための設定、AndroidスマホはAndroidのAPN設定を見て、APN設定を完了させる
  • 画面上部のステータスバーの通信事業者名が「LINEMO」になっていることを確認する。圏外ならスマホ再起動
    (iOSの場合は「SoftBank」となる場合あり)
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始
  • My Menuの初期設定、LINE連携を行う

新スマホを使える状態にするまでに時間がかかるので、LINEMOの開通手続きは後回しにしたほうがいいでしょう。

別に先にSIMカードを入れてセットアップしてOKです。回線切り替えすると圏外表示からLINEMO回線に繋がります。

LINEMOは動作確認されているSIMフリースマホがかなり少ないです。ワイモバイルの動作確認情報が参考になります。

ワイモバイルとLINEMOはAPN設定の項目がほぼ同じなので、ワイモバイルで動作確認されているSIMフリースマホであれば、LINEMOでも問題なく利用できるでしょう。

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

eSIMを契約+eSIM対応スマホを用意して使う(iPhoneなど)

  • ドコモ/ahamo、au/UQモバイル/povo、楽天モバイル、格安SIM(LINEモバイル含む)からLINEMOに乗り換える
  • とにかく、ソフトバンク/ワイモバイル以外からLINEMOに乗り換える
  • eSIMを契約する
  • eSIMに対応したiPhoneやAndroidスマホで利用する

ときの手順は以下の通り。

手順

  • そのスマホがeSIMに対応しているかどうか、LINEMOで動作確認されているかを確認する
  • キャリアから販売されたeSIM対応スマホを使う場合は、LINEMOを契約する前にスマホのSIMロックを解除する
  • 今契約している携帯電話会社で、MNP予約番号を発行する
  • クレジットカード、本人確認書類、メールアドレスなどの契約に必要なものを揃える
  • スマホからLINEMO公式サイトにアクセスして、「申し込み」ボタンを押す
  • 「予定しているお手続きを教えてください」では【今の電話番号をそのまま使用する】を選択
  • 「現在利用中の携帯電話会社を教えて下さい」では【他社携帯電話会社】を選択
    LINEモバイルの場合は「LINEモバイル」を選択
  • 「利用するSIMを教えて下さい」では【eSIM】を選択
  • 後は画面の指示に従って、プランやオプション選択などの手続きを進めていき、LINEMOの契約を完了させる
  • 「eSIMプロファイルダウンロードのお知らせ」メールが届く
  • ワイタイムパスワードで本人確認して、eSIMプロファイルのQRコードを表示する
  • eSIMプロファイルをスマホで読み取ってeSIMをダウンロードする
  • eSIMプロファイルがインストールされるので、画面の指示に従って設定を完了させる
  • プロファイルダウンロードに表示される画面で、「回線を切り替える」ボタンを押すと、LIMOEの回線に切り替わる
  • 画面上部のステータスバーの通信事業者名が「LINEMO」になっていることを確認する。圏外ならスマホ再起動
    (iOSの場合は「SoftBank」となる場合あり)
  • iPhoneはiPhone・iPadで通信をするための設定、AndroidスマホはAndroidのAPN設定を見て、APN設定を完了させる
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始
  • My Menuの初期設定、LINE連携を行う

2021年9月6日時点でeSIMで動作確認されているiPhoneは、iPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XR以降のiPhone、AndroidスマホはGoogle Pixel系のみです。

パソコン・タブレットからはeSIMは選択できないようになっています。eSIMを申し込むときはカメラ機能を搭載したスマホからアクセスしてください。

ブラウザはSafariかChromeを使うようにしましょう。

SIMカードのみ契約+解約済み/中古のソフトバンク/ワイモバイルのスマホを使う

  • LINEMOのSIMカードを新規契約して、2台目として使いたい
  • 解約済みのソフトバンクやワイモバイルのiPhoneなどが手元にある

というときの手順は以下の通り。

手順

  • 使いたいソフトバンク/ワイモバイルのスマホがLINEMOで動作確認されているかを確認
  • ソフトバンクのスマホの場合は、ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する/SIMロック解除を参考にしてSIMロックを解除する
  • ワイモバイルのスマホの場合は、SIMロック解除のお手続を参考にしてSIMロックを解除する
  • LINEMO公式サイトにアクセスする
  • 「予定しているお手続きを教えてください」では【新しい電話番号で契約する】を選択
  • 「利用するSIMを教えて下さい」では【SIMカード】を選択
  • 後は画面の指示に従って、プランやオプション選択などの手続きを進めていき、LINEMOの契約を完了させる
  • 申込完了後、1~2時間で「お申し込み完了お知らせメールが届く
  • 審査に通ると「商品発送のお知らせ」メールが届くので、SIMカードが届くまで待つ
  • 数日後にSIMカードが手元に届く
  • スマホにLINEMOのSIMカードを入れる
  • iPhoneはiPhone・iPadで通信をするための設定、AndroidスマホはAndroidのAPN設定を見て、APN設定を完了させる
  • 画面上部のステータスバーの通信事業者名が「LINEMO」になっていることを確認する。圏外ならスマホ再起動
    (iOSの場合は「SoftBank」となる場合あり)
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始
  • My Menuの初期設定、LINE連携を行う

ソフトバンクやワイモバイルのスマホであっても、LINEMOのSIMカードを入れて利用するときはSIMロック解除が必要です。

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

LINEMOの開通をスムーズに行うためのポイント

チェックリスト

  • iPhoneやAndroidスマホのSIMロック解除が完了しているかどうか
  • iOSバージョンがiOS 14.5以上であるか、キャリア設定アップデートが最新状態であるか
  • MNP転入で申し込むときは「ネットワーク暗証番号(4桁)」をメモしておく
  • 申し込み完了画面で表示される「受注番号」をスクリーンショットで保存する

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

iPhoneやAndroidスマホのSIMロック解除が完了しているかどうか

LINEMOのSIMカードやeSIMをインストールして利用したいiPhoneやAndroidスマホのSIMロックが解除されているかを確認してください。

SIMロックが解除されていないスマホにLINEMOのSIMカードを挿したり、eSIMをインストールしても、スマホはSIMカードやeSIMを認識しません。

【iPhone】iOSバージョンがiOS 14.5以上であるか、キャリア設定アップデートが最新状態であるか

iOSバージョンをiOS 14.5以上にアップデート、キャリア設定アップデートを行って最新の状態にしてください。

iOSバージョンがiOS 14.5以上、キャリア設定アップデートが最新状態だと、APN構成プロファイルのインストールが不要になります。

iOSアップデート方法、キャリア設定アップデート方法は以下をご覧ください。

「ネットワーク暗証番号(4桁)」をメモしておく

LINEMOを申し込むときに「ネットワーク暗証番号(4桁)」を決める必要があります。このネットワーク暗証番号をしっかりメモしてください。

eSIMプロファイルをインストールするときにネットワーク暗証番号の入力を求められます。

他社から乗り換えでLINEMOを契約したときは回線切替手続きが必要ですが、この回線切替手続きをするときにネットワーク暗証番号を求められます。

回線切替手続きをWEBで行うときも、電話で行うときもネットワーク暗証番号が必要です。絶対に忘れないようにメモしてください。

申し込み完了画面で表示される「受注番号」をスクリーンショットで保存する

LINEMOの申込完了画面で表示される、「LW~~~~~~~~~」で始まる「WEB申込受注番号」をスクリーンショットで保存するようにしましょう。

申し込み完了メールが申込後1時間経過しても届かない場合は、LINEMO申込事務局まで問い合わせる必要がありますが、このときにWEB申込受注番号が必要になります。

また、申し込みキャンセル手続きをするときにもWEB受注番号が必要になります。

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

SIMのみ契約してahamo(アハモ)からLINEMOに乗り換えるときの流れ(SIMカード/eSIM共通)

【手順①】今使っているスマホがLINEMOで動作確認されているか、SIMサイズを確認

LINEMOに乗り換えてもドコモやahamoで購入したAndroidスマホやiPhoneを使いたい場合は、LINEMOでそのスマホが動作確認されているかチェックしましょう。

また、使いたいスマホのSIMサイズも確認しておきましょう。ちなみに、LINEMOで使えるiPhoneのSIMサイズはすべてnanoSIMです。

eSIMを契約するなら、自分のスマホがeSIM対応機種であることを確認してください

LINEMOでeSIMを契約するなら、自分のスマホがeSIM対応機種であることを確認してください。

LINEMOでeSIMで動作確認されているのは、iPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XR以降のiPhoneと、一部のGoogle Pixelのみです。

【手順②】スマホのSIMロックを絶対に解除する(特にドコモ→ahamo→LINEMOの人)

ドコモやahamoで購入したAndroidスマホやiPhoneをLINEMOで使う際は、LINEMOを契約する前に、スマホのSIMロック解除が絶対に必要です。

SIMカードを利用するときも、eSIMを利用するときも、SIMロック解除は絶対に必要です。

ドコモからahamoへの移行は「料金プラン変更」と同じ扱いなので、ドコモのスマホをahamoに移行しても使っている人は、スマホのSIMロックを解除していない可能性が非常に高いです。

ドコモやahamoで購入したスマホは、購入した時期や支払い方法によってはSIMロック解除手続きがされている状態で渡されたり、SIMロック自体無かったりしますが、絶対にSIMロック解除しているか確認してください。

SIMロック解除手続きの流れをもっと正しくいうとこう

  1. my docomoやahamoでスマホのSIMロックの解除手続きをする
  2. AndroidスマホのみSIMロック解除コードが発行される
  3. スマホにLINEMOのSIMカードを挿す
  4. iPhoneならアクティベーション、AndroidスマホならSIMロック解除コードを入力する
  5. SIMロック解除完了

という流れになります。

ドコモで購入したスマホにLINEMOのSIMカードを挿すことにより、SIMロック解除が正式に完了します。

LINEMOの開通も完了している、APN設定をしているのにLINEMO回線が使えないというときは、大抵SIMロック解除手続きをすっ飛ばしています。

ドコモのスマホのSIMロック解除は、My docomoかドコモショップ実店舗で受け付けています。

ドコモのスマホのSIMロック解除について

2021年8月27日(金曜)以降に新たに発売される機種をご購入されるお客さまへ
2021年8月27日(金曜)以降に新たに発売される機種をご購入される場合は、SIMロックが設定されていないため、SIMロック解除の手続きは不要です。
なお、機種ごとの対応周波数帯については、本ページ下部にある「ご注意事項」内のPDFもしくは各機種のスペック詳細よりご確認ください。

<ご注意事項>
ご注意事項→他社のSIMカードをご利用いただく際の動作保証について

<各機種のスペック詳細>
ホーム→製品→該当機種→スペック→スペックの詳細を見る

2021年8月26日(木曜)までに発売された機種をご購入されるお客さまへ
新たに機種をご購入される際に以下の条件のいずれかを満たす場合は、SIMロック解除の手続きを実施した状態でお渡しさせていただくため、お客さまのお申出によるお手続きは不要です。

<ドコモの回線契約を伴うお客さまの場合>

当該機種を一括払いでご購入された場合
当該回線または一括請求の代表回線において、ドコモの携帯電話のお支払い方法をクレジットカード※1に設定いただいた場合
<ドコモの回線契約を伴わないお客さまの場合>

当該機種を一括払いでご購入された場合
「スマホおかえしプログラム」を適用し、当該機種の分割支払金のお支払い方法をクレジットカード※1に設定いただいた場合

ahamoのスマホのSIMロック解除について

新たに機種をご購入される際に以下の条件のいずれかを満たす場合は、SIMロック解除の手続きを実施した状態でお渡しさせていただくため、お客さまのお申出によるお手続きは不要です。

ahamoの回線契約を伴うお客さまの場合
当該機種を一括払いでご購入された場合
当該回線または一括請求の代表回線において、ahamoの携帯電話のお支払い方法をクレジットカード※1に設定いただいた場合
ご利用いただけるクレジットカードは、当社が別途指定する種類のクレジットカードであり、かつ、契約者ご本人名義のものに限ります。

【手順③】ahamoでMNP予約番号を取得する

ahamoからLINEMOに乗り換えるときは、ahamoでMNP予約番号を発行する必要があります。

ahamoではMNP予約番号はシステムメンテナンス時を除いて24時間発行できます。

【手順④】LINEMOを「今の電話番号をそのまま使用する」を選択して申し込む

LINEMO公式サイトにアクセスして、クレジットカード、本人確認書類、メールアドレスと電話番号、MNP予約番号などの必要なものを用意して、LINEMOのSIMカードを申し込みましょう。

LINEMOをオンラインで申し込むときには、MNP予約番号のMNP有効期限が10日以上残っている必要があります。

 

ahamoからLINEMOに乗り換えるときは、「予定しているお手続きを教えてください」では、【今の電話番号をそのまま利用する】を選択してください。

「現在利用中の携帯電話会社を教えてください」では、【他社携帯電話会社】を選択してください。

「利用するSIMを教えてください」は、SIMカードで契約するときは「SIMカード」を、eSIMで契約するときは「eSIM」を選択してください。

「どうしてもeSIMがいい、SIMカードは嫌だ」という人以外は、SIMカードで契約することをオススメします。

パソコンやタブレットからeSIMは選択できません。eSIMで申し込む人はカメラ機能を搭載したスマートフォンからアクセスしてください。

MNP予約番号やMNP予約番号の有効期限の選択は、申込画面の3ステップ目で行います。

申し込み時のポイント

申し込み途中で入力する「ネットワーク暗証番号(4桁)」をメモしておきましょう。回線切替手続きのときに必要です。

申し込み完了画面で表示される「受注番号」をスクリーンショットで保存しておきましょう。万が一トラブルが起きたときに問い合わせるときに受注番号が必要です。

SIMカードは「マルチSIM」が送られてきます

LINEMOでSIMカードを選択して申し込むと、「マルチSIM」というSIMカードが送られてきます。

「マルチSIM」とは、SIM台紙からSIMカードを切り離すことで好きなSIMサイズにすることができるSIMカードです

SIMカードには、標準SIM(大)、microSIM(中)、nanoSIM(小)の3種類のサイズがあり、端末によって利用できるサイズが異なります。nanoSIM(小)対応のスマートフォンが多いです。

iPhoneのSIMサイズは一番サイズが小さいnanoSIMですし、2015年以降発売されたAndroidスマホはほぼすべて「nanoSIM」なので、切り取りに失敗することは絶対にありません。

申し込みで必要なもの

必要なもの

  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • SIMロックが解除されたスマートフォン
  • MNP予約番号
  • 契約者と同一名義のクレジットカード

ドコモ/au/ソフトバンクで提供されているキャリアメールアドレスは、キャリア解約後はメールの送受信が一切できません。フリーメールアドレスを取得して申し込んでください。

本人確認書類は、LINEMOに封筒とかで送るのではなく、インターネット上で画像ファイルのアップロードをする形になります。

本人確認書類は運転免許証などを用意しておきましょう。

申し込み時に使える本人確認書類については、本人確認書類|手続き方法|【公式】LINEMO - ラインモ|格安SIM・格安スマホをご覧ください。

【手順⑤】申し込み完了のお知らせメールが送られてくる

LINEMOの申し込み完了後、約1〜2時間で「お申し込み完了のお知らせ」というメールが届きます。

審査が通った場合

「商品発送のお知らせ」というメールが届きます。商品が届くまで待ちましょう。

審査が通らなかった場合

申し込み内容に確認が必要な場合、「(重要)お申し込み内容のご確認」というメールが届きます。

その場合、メールに記載の『お申し込み状況確認』ページより不備内容をご確認の上、正しい情報への修正のご対応をお願いします。

審査が通らなかった場合、「お申し込み審査結果についてのお知らせ」というメールが届きます。

メールが届かない場合

申し込み完了メールが申込後3時間経過しても届かない場合は、LINEMO申込事務局までお問い合わせください。

なお、お問い合わせにはWEB申込受注番号が必要です。

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

手元にLINEMOのSIMカードが届いてからの手順

【手順①】他社のAPN構成プロファイルを削除(iPhoneのみ)

UQモバイル、ワイモバイル、IIJmio、mineoなどでiPhoneを利用していて、iPhoneにAPN構成プロファイルをインストールしている場合は、回線切替手続き前にアンインストールしてください。

LINEMOでiPhoneを利用するときはAPN設定不要で繋がりますが、他社のAPN構成プロファイルがLINEMOの通信を邪魔します。

iPhoneのAPN構成プロファイルの削除手順

  1. 「設定」をタップ
  2. 「一般」をタップ
  3. 「プロファイルとデバイス管理」をタップ
  4. 削除をするAPN構成プロファイルをタップ(「プロファイル」と表示されることもある)
  5. 「プロファイルを削除」をタップ
  6. 「パスコード」を入力
  7. APN構成プロファイルが削除されたことを確認する

削除後にAPN構成プロファイルが①つもない場合は、手順3の画面に「プロファイルとデバイス管理」メニューは表示されません。

【手順②】SIMカード受け取り後、「回線切替」を行う(MNP転入時のみ)

申込完了後、12時までに審査完了した場合は最短当日でSIMカードが発送されます。12時以降に審査完了した場合は翌日の発送となります。

発送後に「商品発送のお知らせ」というメールが届きます。お問い合わせ送り状NOが記載されていますので、到着目途を確認できます。

SIMカードが手元に届いたら、現在契約している携帯電話会社からLINEMOに回線を切り替えるためには、LINEMO側で回線切替手続きが必要です。

回線切替手続きは、WEBまたは電話で行えます。

WEBでの受け付け <オススメ>

【受付時間 9:00 〜 20:30】
「商品発送のお知らせ」メールに記載のURLより、手続きを行ってください。

電話での受け付け

【受付時間 10:00 〜 19:00】
自動音声通話でも切り替えを受け付けています。
詳細は同梱の冊子や「商品発送のお知らせ」メールをご確認ください。

【手順③】スマホにLINEMOのSIMカードを入れる

スマホに挿さっている他社のSIMカードを取り出して、LINEMOのSIMカードを入れてください。

SIMカードの入れ替え方が分からない場合は、YouTubeで「SIMカード 入れ替え」などで検索するといっぱい動画が出てくるので、それを見て参考にしてください。

iPhoneの場合

LINEMOのSIMカードを挿して起動すると、iPhoneのアクティベーション(Apple IDとパスワードの入力)を求められることがあります。

画面の指示に従ってアクティベーションしてください。

Androidスマホの場合

キャリアで購入したAndroidスマホにLINEMOのSIMを挿して起動すると、「ロック解除PIN」とか「SIMロックの解除コード」の入力を求められることがあります。

SIMロックを解除するための番号は、SIMロック解除手続き時にキャリアから送られてくるメールや、SIMロック解除受付画面で表示されます。メモしておきましょう。

スマホが1台しかない、パソコンもない人はメールが見れないので注意してください。メモしときましょう。

【手順④】APN設定や初期設定を行う

回線を今の携帯電話会社からLINEMOに切り替える手続きをした後は、スマートフォン本体で「APN設定」をする必要があります。

APN設定とは、簡単に言えば「LINEMOの回線にログインするために必要なIDとパスワードを入力する」作業と思ってください。

Androidスマホの場合

Androidスマホは、SIMフリーであればAPN設定があらかじめインストールされています。SIMを挿したら勝手にAPN設定してくれるもの、SIMを挿してAPNリストの中から選択するものがあります。

キャリア版Androidスマホは、ほぼ確実に手動でAPN設定しないといけません。

iPhoneの場合

  • iPhoneのOSバージョンがiOS 14.5以上である
  • キャリア設定アップデートが最新である
  • SIMロックの解除が完了している

場合、回線切替手続き完了後にSIMカードを挿すと勝手にLINEMOに繋がります。画面上部のステータスバーの通信事業者名が「LINEMO」か「SoftBank」になっていればOKです。

【手順⑤】開通していることを確認してLINEMOの利用開始

  • 利用開始手続きが完了している
  • APN設定が完了している
  • SIMカードを使いたいスマホに挿している
  • キャリア版スマホならSIMロック解除をしている

順番は前後してもいいので、この3つの作業が完璧であればLINEMOが開通しています。

天気予報や時報に電話をかけたり、Wi-Fiをオフにしてネットを見たりして、しっかり開通していることを確認してください。

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

LINEMOに乗り換えるときのQ&A(契約タイミング、料金発生日など)

チェックリスト

  • LINEMOを契約した月の料金は日割り計算
  • LINEMOへの切り替えで月をまたぐと料金が余計にかかる
  • 端末代金の残りの支払いは、分割払いし続けても一括払いしてもOK
  • クレジットカード払いか口座振替で契約できます
  • LINEMOの契約や解約にかかる手数料は0円(基本使用料の支払いは必要)

LINEMOを契約した月の料金は日割り計算

LINEMOを契約した初月の月額基本料金、通話定額オプションの月額料金は日割り計算されます。

ただし、ユニバーサルサービス料と電話リレーサービス料は満額でかかります。

LINEMOへの切り替えで月をまたぐと料金が余計にかかる

今契約している携帯電話会社が解約されるのは、MNP予約番号を発行した日ではなく、LINEMOとの契約が成立した日=LINEMOで回線切替した日となります。

たとえば

  • ドコモからLINEMOに乗り換える人がいる
  • 4月30日に回線切替しようとしたのに忘れていた
  • 5月1日に回線切替した

場合は、5月1日付けでドコモを解約したことになるので、ドコモの5月分の月額料金が発生します。

LINEMOは契約した月の月額料金は日割り計算されますが、月をまたいだ場合はほぼ満額請求となります。

端末代金の残りの支払いは、分割払いし続けても一括払いしてもOK

たとえばドコモからLINEMOに乗り換えるときに、ドコモで購入したスマホの分割支払がまだ終わっていない場合は、LINEMOに乗り換えても分割払いを継続できます。ご安心ください。

なお、分割支払の残額を一括で支払うこともできます。

クレジットカード払いか口座振替で契約できます

LINEMOのサービス開始当初は支払い方法はクレジットカードのみでしたが、2021年7月6日から口座振替にも対応しました。

クレジットカードでお支払い

クレジットカードの引き落とし日は、利用クレジット会社の規約に基づく振替日となります。

口座振替でお支払い

翌月26日頃に引き落としとなります。

LINEMOの契約や解約にかかる手数料は0円(基本使用料の支払いは必要)

LINEMOは契約事務手数料や契約解除料などは0円ですが、LINEMOを解約したり、LINEMOから他社に乗り換えた月の月額基本料金、通話料、通話定額オプションの支払いは必要です。

契約事務手数料0円
契約解除料0円
MNP転出手数料0円
SIMカード再発行手数料0円
eSIM再発行手数料0円
SIM変更手数料0円

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

ahamo(アハモ)からLINEMO(ラインモ)に乗り換えるときの注意点

LINEMOはソフトバンク回線なので、ソフトバンク回線不毛地帯は注意が必要

ahamoはドコモ回線を使用していますが、LINEMOはソフトバンク回線を使用しています。

そのため、ドコモ回線では問題なくつながったけどソフトバンク回線だと部屋の中や奥まった場所に行くと電波が悪くなるとか、人里離れた場所、山間部や川だと電波が悪くなる、といった問題が発生する可能性があります。

まあ人が住んでいないエリアについては、だいたいドコモもauもソフトバンクも電波状況が悪いと思います。

ドコモのAndroidスマホはソフトバンク回線との相性が悪い

ドコモから販売されているAndroidスマホは、ドコモでの使用を前提としているため、au回線やソフトバンク回線に対応していない物が多いです。

これはauやソフトバンクでも同様で、auやソフトバンクから販売されているAndroidスマホは、ドコモ回線に対応していないものが多いです。

GalaxyやXperiaは確実に対応していません。AQUOSであれば2019年以降にドコモから発売されたモデルはソフトバンク回線に対応しているものが多いです。

LINEMOでは5分かけ放題はオプションだが、キャンペーンで1年間無料

LINEMOでは5分以内の国内通話が無料になる定額オプションが月額550円で提供されていますが、キャンペーンで1年間無料になります。1年経つと月額550円発生します。

1年間であれば、スマホプラン(月額2728円/20GB)を契約してもahamoよりも安く済みますが、1年経つとahamoよりも高くなります。

ミニプラン(月額990円/3GB)であれば、ahamoよりも安く済んで5分以内通話かけ放題になってお得かもしれませんね。

端末代金の残りの支払いが必要

ドコモやahamoでスマホを分割払いで購入していて、その支払いがまだ終わっていない場合は、LINEMOに乗り換えても分割払いの支払いが必要です。

なお、分割支払の残りの支払いを一括払いして、ドコモとの分割払い契約を終了させることも可能です。

ahamoのケータイ補償サービス/AppleCare+が利用できなくなる

ahamoからLINEMOに乗り換えると、ケータイ補償サービスとAppleCare+ / AppleCare+ 盗難・紛失プランが利用できなくなります。

LINEMOではスマホを販売していませんし、LINEMOは自分で用意したスマホを対象にした端末補償サービスはありません。

SIMフリー版iPhoneを購入する場合は、AppleCareに加入することをオススメします。

ahamoは契約解除料は無いが、当月の利用料金や通話料の支払いは必要

ahamoは契約解除料やMNP転出手数料はかかりませんが、乗り換えた当月の月額基本料金、通話料、オプション料金の支払いが必要です。

また、ahamoでスマホを分割払いで購入している場合は、LINEMOに乗り換えても支払いは継続します。

ahamoからLINEMOに乗り換えたからと言って、料金や分割払いがチャラになることは絶対にありません。

LINEMOは時間帯による通信速度の制限があると明言している

LINEMOは、時間帯による通信速度の制限があると明言しています。

嫌ならahamoがオススメです。ahamoは時間帯による通信速度の制限はありません。

ネットワークサービスの安定的な提供のため、時間帯により、動画、ゲーム等のサービス、AR(拡張現実)等の機能を用いたサービス、その他トラヒックの混雑を生じさせるおそれのあるサービスのご利用にあたり、通信速度を制御いたします。なお、通信の切断は行いません。
通信が混雑し、または通信の混雑が⽣じる可能性がある場合、ネットワーク全体の品質を確保するため、通信の種類及び内容にかかわらず、速度を制御する場合があります。その他詳細は公式ウェブサイトに掲載しお知らせいたします。

ahamoのコンテンツ決済サービスが利用できなくなる

ahamoでは以下のコンテンツ決済サービスが利用できますが、LINEMOに乗り換えると当然利用できなくなります。

なお、LINEMOではソフトバンクまとめて支払いというコンテンツ決済サービスが提供されているのでご安心ください。

  • d払い(街)
  • d払い(ネット)
  • ドコモ払い
  • コンテンツ決済サービス(Google Play)
  • コンテンツ決済サービス(iTunes)

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

LINEMOでできないこと(サービス全般)

チェックリスト

  • ソフトバンクまとめて支払いの引き継ぎ
  • キャリアメールの利用
  • Yahoo!プレミアムの無料特典
  • スマートフォンの購入
  • 店舗での契約
  • 店頭や電話での相談
  • 家族割・光回線とのセット割などの割引

ソフトバンクまとめて支払いの引き継ぎ

ソフトバンク・ワイモバイルからLINEMOに乗り換えた場合、「ソフトバンクまとめて支払い」または「ワイモバイルまとめて支払い」を利用しているサービス・コンテンツは解約となります。

引き続き利用の場合は、LINEMO契約後に再度、各サービス・コンテンツでの「ソフトバンクまとめて支払い」の登録が必要になります。

キャリアメールの利用

LINEMOでは、「@softbank.ne.jp」などのキャリアメールアドレスは提供していません。

GmailやYahoo!メールなどのフリーメールサービスを利用してください。

Yahoo!プレミアムの無料特典

ソフトバンク・ワイモバイルからLINEMOに乗り換えた場合、料金プランに含まれていた「Yahoo!プレミアム(ソフトバンク特約の適用)」や、ワイモバイルの基本料に含まれていた「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」は自動的に解約され、利用できなくなります。

自動解約時の影響

  • ヤフオク出品中の場合は、出品が取り消し
  • Yahoo!かんたんバックアップの容量減少
  • 容量無制限が終了、上限は5GBまで。90日以上経過しても5GB以上の容量を使っている場合は、データはすべて削除
  • プレミアム会員割引の適用が終了、加入中の有料サービスの料金が発生

Yahoo!プレミアム(Yahoo!ウォレットの支払い)に加入中の人は、ソフトバンク・ワイモバイルからLINEMOへ乗り換えた後も引き続き「Yahoo!プレミアム」を利用できますが、ヤフー株式会社からの月額会員費の請求が再開します。

スマートフォンの購入

LINEMOではスマートフォンの販売をしていません。契約前に自分でスマートフォンを用意してください。

留守番電話・転送電話サービス

LINEMOでは留守番電話サービス、転送電話サービスの提供はありません。

店舗での契約

LINEMOの契約はオンラインのみです。

ソフトバンクやワイモバイルなどの店舗、家電量販店では契約できません。

店頭や電話での相談

問い合わせなどの質問や、チャットやLINEで受け付けています。

ソフトバンクやワイモバイルの店舗や電話では対応していません。

家族割・光回線とのセット割などの割引

ソフトバンク光へ加入中で、おうち割光セット適用者がいなくなった場合、以下が自動解除される可能性があります。

  • オプションパック(光BBユニットレンタル
  • Wi-Fiマルチパックおよびホワイト光電話/光電話(N)+BBフォン/BBフォン)のセット割引

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

LINEMO契約でPayPayボーナス最大1万円相当プレゼント!

LINEMOを新規契約または他社から乗りかえで契約すると、PayPayボーナス最大1万円相当プレゼントされるキャンペーンが実施されています。

ミニプラン(月3GB)で契約するとPayPayボーナス3000円相当プレゼント、スマホプラン(月20GB)で契約するとPayPayボーナス1万円相当プレゼントです。

SIMカードで契約してもeSIMで契約しても適用されます。eSIMで契約すれば最短即日にLINEMOを使い始めることができますよ。

スマホプラン
20GB/2,728円
ミニプラン
3GB/990円
他社から乗り換えPayPayボーナス
10,000円相当付与
PayPayボーナス
3,000円相当付与
新規契約PayPayボーナス
10,000円相当付与
PayPayボーナス
3,000円相当付与

ソフトバンクやワイモバイルからLINEMOに乗り換えるときは適用対象外ですが、LINEモバイルからLINEMOに乗り換えるときは適用対象になります。

キャンペーン詳細は、【最新】LINEMO(ラインモ)キャンペーンまとめを御覧ください。

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

-LINEMOに乗り換え