広告 LINEMOに乗り換え

ドコモからLINEMO(ラインモ)に乗り換え(MNP)手順・メリット・デメリット・注意点を徹底解説

2024年3月28日

ドコモからLINEMO(ラインモ)に乗り換え(MNP)で契約する手順・メリット・デメリット・注意点を徹底解説。

【2024年5月7日まで】新生活応援キャンペーン実施中!

新生活応援キャンペーン2024

LINEMO公式サイトでは、2024年5月7日まで「新生活応援キャンペーン」が実施されています。

他社から乗り換えでスマホプランを契約すると最大12,000円分、ミニプランで契約すると最大3,000円相当のPayPayポイントが貰えます。

  • ※出金・譲渡不可。PayPay公式ストア/PayPayカード公式ストアでも利用可
  • ※ 新しい番号での契約、ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えの場合は対象外です。
  • ※ お申し込み時に「現在ご利用中の携帯電話会社」の入力を誤って選択した場合、特典付与の対象外となる場合があります。
  • ※ 特典付与対象判定月までに、一度でも「ミニプラン」にプラン変更している場合は、「ミニプラン」の特典金額となります。

 

ドコモからLINEMO(ラインモ)に乗り換え(MNP)手順を解説

【手順①】LINEMOで使いたいスマホが動作確認されているか見る

今お持ちのスマートフォンや家電量販店などで購入したスマートフォンを、 LINEMOで利用できるかどうか確認できます。 動作確認端末|機種|【公式】LINEMO - ラインモ|格安SIMを見て、LINEMOのSIMカードやeSIMを入れて使いたいAndroidスマホやiPhoneが動作確認されているか見てください。

メーカーやキャリア、eSIM対応/5G通信対応で絞り込み検索ができます。たとえばメーカーは「Apple」キャリアは「SIMフリー」を選択すると、LINEMOで動作確認されているSIMフリー版iPhoneのみ表示されます。

SIMフリー版iPhone/SIMロック解除済みでSIMフリー状態のドコモ版iPhoneは、iPhone 6s以降の全機種がLINEMOで利用できます。

ドコモ版Androidスマホ、SIMフリー版Androidスマホは、ソフトバンク回線=「LTE Band 1/3/8」に対応していることを確認してください。

【手順②】ドコモスマホをLINEMOでも使うなら、My docomo等でスマホのSIMロック解除手続きをする

ドコモスマホをLINEMOでも使うなら、My docomo等でスマホのSIMロック解除手続きをする ドコモから発売されたAndroidスマホやiPhoneは、発売時期によってSIMロックがかかっているかどうかが異なります。

詳細はSIMロック解除 | お客様サポート | NTTドコモをご覧ください。

2021年8月27日以降に新たにドコモから発売される機種

最初からSIMロックなしのSIMフリー状態で販売されています。ドコモ側でSIMロック解除手続きは不要です。

iPhoneでいうと、iPhone 13シリーズおよびiPhone SE(第3世代)以降の機種がSIMロックなしのSIMフリー状態で販売されています。

2021年8月26日までにドコモから発売された機種

購入時点でSIMロックがかかっています(=SIMロックあり状態で販売)。 LINEMOのSIMカードやeSIMを入れて利用する場合は、ドコモ側でSIMロック解除手続きが必要です。

たとえば、SIMロックあり状態のiPhoneにLINEMOのSIMカードを入れても、iPhoneはSIMカードを認識しません。「SIMが無効です」と表示されます。

SIMロック解除手続きは、My docomo、電話、ドコモショップで手続きが可能です。2023年10月1日からはすべての申込方法でSIMロック解除手数料が無料になっています。

ドコモでスマホを購入した時期や支払い方法によってはSIMロックが無い場合もありますが、LINEMO申し込み前に絶対に確認してください。

【手順③】ドコモでMNP予約番号を取得するか、MNPワンストップを利用するか決める

MNPワンストップ方式 ドコモからLINEMOに乗り換えるときに、MNPワンストップを利用して申し込むか、従来通りにドコモでMNP予約番号を発行して申し込むかどうか決めてください。どちらで申し込んでもOKです。

2023年5月24日からドコモとLINEMOは「MNPワンストップ方式」に対応しています。

MNPワンストップとは、従来必要だったMNP予約番号の発行・取得手続きが不要になる制度です。面倒な手続きが不要になり、より簡単でより早く乗り換えが可能になりました。

ドコモでMNP予約番号を発行する方法

ドコモでMNP予約番号を取得する ドコモでMNP予約番号を発行する方法は大きく分けて、①携帯電話や一般電話からドコモに電話、②My docomoで発行、の2つあります。

この中でオススメするのは、My docomoでMNP予約番号を取得することです。 24時間対応ですし、人と話す必要がないですし、電話と違ってすぐに手続きができます。時間のロスがありません。

面倒な引き止めとかアンケートも無いです。 どうしてもやりかたが分からないという人はドコモに電話してMNP予約番号を発行してもらいましょう。

MNP予約番号の有効期限は発行日を含めて15日間です。LINEMOをオンラインで申し込むときには、MNP予約番号のMNP有効期限が10日以上残っている必要があります。

MNP予約番号を発行したらすぐにLINEMOに申し込むようにしましょう。 有効期限が9日以内の場合は再度MNP予約番号を取り直してください。MNP予約番号は何回発行しても無料です。

ドコモでMNP予約番号を発行した=その時点でドコモが解約されるということは絶対にありません。 ドコモが解約されるのは、LINEMOに回線切替が完了したときです。

MNP予約番号の受付窓口

申込方法MNP予約受付窓口受付時間
携帯電話151に電話9時~21時
一般電話0120-800-000に電話9時~21時
My docomoトップ→契約内容・手続き
→ドコモオンライン手続き
24時間対応

【手順④】本人確認書類などの契約に必要なものを用意する

本人確認書類などの契約に必要なものを用意する LINEMOの契約に必要なものを事前に用意してください。本人確認書類はSIMカードとeSIMで利用できるものが異なります。

  • 本人確認書類
  • LINEMOで使うスマートフォン(LINEMOでは端末販売なし。自分で調達)
  • MNP予約番号(MNP予約番号のMNP有効期限が10日以上残っているもの)
  • 契約者と同一名義のクレジットカード(VISA、MasterCard、JCB、American Express、DinersClub)、または銀行口座

SIMカード契約時に利用できる本人確認書類

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート(2020年2月4日以降に申請)+補助書類
  • 旧型パスポート(2020年2月3日以前に申請)
  • 住民基本台帳カード+ 補助書類
  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障がい者手帳

本人確認書類(または補助書類)の住所と記載が一致している必要があります。特に自分で入力する番地以降については、建物名や室番号も省略せずに入力してください。

eSIM契約時に利用できる本人確認書類

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード
  • 旧型パスポート(2020年2月3日以前に申請)

【手順⑤】LINEMOのSIMを「今の電話番号をそのまま使用する」で申し込む

LINEMOのSIMカードやeSIMを申し込む LINEMO公式サイトにアクセスして、LINEMOのSIMカードやeSIMを申し込みましょう。

eSIMはパソコンからは申し込めないので、スマホからLINEMO公式サイトにアクセスして申し込んでください。

LINEMOの申し込み完了後、約1〜2時間で「お申し込み完了のお知らせ」というメールが届きます。審査に通ると「商品発送のお知らせ」というメールが届きます。商品が届くまで待ちましょう。

「今の電話番号をそのまま利用する」を選択

  ドコモからLINEMOに乗り換えるときは、「予定しているお手続きを教えてください」では、【今の電話番号をそのまま利用する】を選択してください。 ドコモからLINEMOに乗り換える=ドコモの携帯電話番号をLINEMOでも使い続けたいときは、「予定しているお手続きを教えてください」では、【今の電話番号をそのまま利用する】を選択してください。

「新しい電話番号で契約する」は新規契約のことで、これを選択してしまうとLINEMOで携帯電話番号が発行されてしまいます。

【ドコモ】を選択

現在利用中の携帯電話会社を教えてください。 ドコモからLINEMOに乗り換えるときは、「現在利用中の携帯電話会社を教えてください」では、もちろん【ドコモ】をタップしてください。

「SIMカード」または「eSIM」を選択

「利用するSIMを教えてください」 「利用するSIMを教えてください」は、SIMカードで契約するときは「SIMカード」を、eSIMで契約するときは「eSIM」をタップしてください。

利用予定の端末がeSIMに対応していない場合や、SIMカードとeSIMどちらを選んだほうがいいかわからない場合は迷わずSIMカードを選びましょう。

eSIMで契約する人は、本当にそのスマホがeSIMに対応しているかを確認してください。 「ご利用予定の端末を教えてください。」 「ご利用予定の端末を教えてください。」では、【iPhone】または【Androidスマートフォン】を選択してください。

「乗り換えの手続きに進みます」では好きな方を選択

ドコモでMNP予約番号を発行してLINEMOを申し込むなら、【MNP予約番号を取得しました】ボタンを選択してください。

MNPワンストップを利用してLINEMOを申し込むなら、ページのボタン下に小さく記載されている【MNP予約番号が不要な方法(ワンストップで申し込む場合)】を選択してください。

その後、「乗り換えの手続き」のウィンドウが表示されるので、画面の指示に従って乗り換えの手続きを進めていく(ドコモのWEBサイトへのログインを求められる)

申し込み時のポイント

申し込み途中で入力する「ネットワーク暗証番号(4桁)」をメモ 申し込み途中で入力する「ネットワーク暗証番号(4桁)」をメモしておきましょう。ドコモからLINEMOに回線切替手続きするときに必要です。 申し込み完了画面で表示される「受注番号」をスクリーンショットで保存 申し込み完了画面で表示される「受注番号」をスクリーンショットで保存しておきましょう。万が一トラブルが起きたときに問い合わせるときに受注番号が必要です。

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

LINEMO(ラインモ)の開通手順(初期設定)を解説

【手順①】LINEMOで回線切替を行う(受付時間に注意)

LINEMO 回線切り替え ドコモからLINEMOに回線を切り替えるためには、LINEMO側で回線切替手続きが必要です。WEBサイトまたは電話で回線切り替え手続きをしてください。

回線切替手続きが完了すると、ドコモとの契約が自動で解約されてLINEMOが開通します。

SIMカード契約時は、SIMカードが手元に届き次第WEBサイトまたは電話から回線切り替え手続きしましょう。

eSIM契約時は、審査が通ると「eSIMプロファイルダウンロードのお知らせ」というメールが届きます。このメールが届くと回線切り替えができるようになります。「LINEMO かんたんeSIM開通」アプリからの手続きがおすすめです。アプリ内でeSIMプロファイルのダウンロード、回線切替手続き、接続テストができます。

 WEBでの受け付け電話での受け付け
受付時間9時~20時30分10時~19時
切り替えに
かかる時間
最大15分最大1~2時間

SIMカード契約時は、手続きの受付時間が長く、切替までの時間が短いWEBサイトがオススメです。 受付時間外に回線切替手続きをするとトラブルの元になります。受付時間内に回線切替手続きしてください。

回線切り替えにかかる時間はWEBは最大15分、電話は最大1~2時間と記載がありますが、実際はすぐ切り替わることが多いです。早ければ数分程度で切替完了します。

回線切り替え前にスマホにLINEMOのSIMカードを入れても、スマホはLINEMOのSIMカードを認識しませんし、LINEMOの回線を使って音声通話やデータ通信はできません。

スマホにSIMカードを入れる

回線切替手続きが完了したら、AndroidスマホやiPhone(以下スマホ)からこれまで利用していたドコモのSIMカードを抜いて、スマホにLINEMOのSIMカードを入れてください。 

LINEMOのSIMカードは「マルチSIM」です。1つのSIM台紙から、「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」の3つのサイズに切り離しできます。ほとんどの人は「nanoSIM」に切り離して使用します。

ドコモで購入したAndroidスマホは、LINEMOのSIMカードを入れた後に「SIMロック解除コード入力画面」が表示されることがあります。SIMロック解除コードはSIMロック解除手続き時に発行されています。画面の指示に従って操作・入力するとSIMロックが解除されます。

【手順②】AndroidスマホやiPhoneでAPN設定や初期設定を行う

AndroidスマホのみAPN設定が必要です。Androidスマホは機種によってはLINEMOのSIMを認識するとAPN設定が自動で完了するものもあります。

iPhoneはiOS 15.0以上であればAPN設定は不要です。 

APN設定とは、簡単に言えば「LINEMOの回線をスマホで使えるようにするために必要な設定」です。

喫茶店・カフェ・ホテル・旅館のWi-Fiサービスを利用するときに、指定されたIDやパスワードの設定が必要でしょう。それと同じ感じと理解すればOKです。

画面上部のステータスバーに「SoftBank」や「LINEMO」、「4G」「5G」が表示されていれば、APN設定が無事に完了しています。

AndroidのAPN設定手順(一例)

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「ネットワークとインターネット」の設定画面を開く
  3. 「モバイルネットワーク」を選択する
  4. アクセスポイント名からAPN設定画面を開く
  5. APN一覧にあるLINEMOを選択/保存する
  6. 【APN一覧にLINEMOがない場合】APN一覧の画面で、メニューから「新しいAPN」を選択する
  7. 【APN一覧にLINEMOがない場合】各項目に情報を入力する
  8. 【APN一覧にLINEMOがない場合】「保存」をタップし、LINEMOのAPNを選択する

APN一覧にLINEMOがない場合の入力情報

名前LINEMO
APNplus.acs.jp.v6
ユーザー名lm
パスワードlm
MCC440
MNC20
認証タイプCHAP
APNタイプdefault,ia,mms,supl,hipri

【手順③】発信テストを行いLINEMOの利用開始

11112に電話をかけて、ガイダンスを最後まで聞いて電話を切ってください。Wi-Fiを切った状態でブラウザアプリを起動し、モバイルデータ通信を利用してWEBサイトが閲覧できるかどうかを確認してください。

順番は前後してもいいので、これらの作業が完璧であればLINEMOが開通しています。 機内モードオンオフやスマホを再起動するとLINEMOに繋がっているはずです。

データ移行は新スマホに機種変更するときだけ必要。SIMのみ契約して入れ替えるときは不要

LINEMOに乗り換えるついでに自分で用意した新スマホを使いたい場合は、必要に応じて旧スマホから新スマホに写真・動画・アプリ・電話帳などのデータ移行やバックアップも実施してください。

新スマホへのデータ移行は、新スマホの初期設定時にも可能です。

LINEアカウントの引き継ぎについては、LINEあんぜん引き継ぎガイド|LINEをご覧ください。

SIMのみ契約時

mineoでSIMカードのみ/eSIMのみ契約して手持ちのスマホを利用する場合はデータ移行不要です。

SIMカードには、写真・動画・書類・各種アプリ・連絡先・LINEアカウントやトーク履歴などのデータは保存されていません。

SIMの入れ替えでスマホ内のデータが絶対に消えることはありません。そのままです。

AndroidスマホからAndroidスマホへのデータ移行

スマホメーカーが提供しているデータ移行アプリを利用する方法や、スマホ同士をUSB type-Cケーブルで接続して有線でデータ移行する方法があります。

気の利いたスマホメーカーであれば、今のスマホデータそのまま新しいスマホに移行できるでしょう。

電話帳はGoogleアカウントで同期する方法、SDカードを使用して移行する方法がありますが、たいていの人はGoogleアカウントで同期しているはずです。同期していない場合は機種変更前に同期するように設定すればいいです。

GmailやGoogleカレンダーなど、Google関連アプリのデータは、Googleアカウントの同期設定をすることで新しい端末でもログインしてデータを引き継げます。

使っているスマートフォンのコンテンツ、データ、設定は、Google アカウントにバックアップできます。バックアップした情報は、元のスマートフォンや他の Android スマートフォンに復元できます。

AndroidスマホからiPhoneにデータ移行

「iOSに移行」アプリを利用してください。詳細はAndroid から iPhone、iPad、iPod touch に移行する - Apple サポート (日本)をご覧ください。

iPhoneからiPhoneにデータ移行

iCloudでデータ移行・バックアップする方法もありますが、iOSの「クイックスタート機能」を利用すると簡単に新しいiPhoneにデータ移行できます。

iOS 11 以降を搭載している iPhone を新しい iPhone の近くに置くことで、新しい iPhone を素早くセットアップできます。

また、新旧 iPhone それぞれが iOS 12.4 以降を搭載していれば、直接データ転送も行うことができます。

詳細は[iPhone]簡単にデータを移行する方法はありますか?(クイックスタート) | よくあるご質問(FAQ) | サポート | ソフトバンクをご覧ください。

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

ドコモとLINEMO(ラインモ)の月額料金の比較。LINEMOに乗り換えると料金が安くなる

ドコモからLINEMOに乗り換えると、月額料金が間違いなく安くなります。

LINEMOではミニプラン(月3GB/月額990円)、スマホプラン(月20GB/月額2728円)の2つのプランが提供されています。

ドコモ/au/ソフトバンクから乗り換える人は、まず間違いなく月額料金が安くなります。 プランは毎月変更可能で、翌月1日に適用されます。使用状況に合わせてプラン変更していけます。

キャリア料金プラン名料金
ドコモeximo(エクシモ)【1GBまで】月額4,565円
【1~3GB】月額5,665円
【3GB~無制限】月額7,315円
irumo(イルモ)【0.5GB】月額550円
【3GB】月額2,167円
【6GB】月額2,827円
【9GB】月額3,377円
ahamo(アハモ)【20GB】月額2,970円
【100GB】月額4,950円
5Gギガホプレミア【3GBまで】月額5,665円
【3GB~無制限】月額7,315円
5Gギガライト【1GBまで】月額3,465円
【3GBまで】月額4,565円
【5GBまで】月額5,665円
【7GBまで】月額6,765円
LINEMOミニプラン(3GB)月額990円
LINEMOスマホプラン(20GB)月額2,728円

ドコモを契約していてデータ使い放題プランを契約しているヘビーユーザーは、ドコモからLINEMOに乗り換えるとあっという間に月間データ容量がゼロになる可能性があります。

毎月数5GB程度しか使っていない人であれば、ドコモからLINEMOに乗り換えれば確実に毎月の携帯料金が安くなるでしょう。

LINENO(ラインモ)に乗り換えるメリットやサービスの特徴

メリット・おすすめポイント

  • ミニプランとスマホプランの2プラン
  • LINEのトーク・音声・ビデオ通話が使い放題(ギガノーカウント)
  • ソフトバンクと同じネットワークを使っているので高速通信できる。追加料金なしで5G通信が利用可能
  • PayPayポイントが貰えるお得なキャンペーンが利用できる
  • 通話オプションがお得に使える
  • iPhone向けの保証サービスがある
  • 契約事務手数料などのあらゆる手数料が無料
  • クレジットカード、口座振替で契約できる。「PayPay残高払い」も利用可能
  • ソフトバンクまとめて支払いが利用できる←ヤフーカード以外のクレジットカードでも間接的にPayPayにチャージできるようになるのでオススメ!
  • スマホプランを契約すると、追加料金無しでLINEスタンプ プレミアム(ベーシックコース)が利用できる

ミニプランとスマホプランの2プラン

LINEMO 選べる2つの料金プラン

LINEMOではミニプラン(月3GB/月額990円)、スマホプラン(月20GB/月額2728円)の2つのプランが提供されています。

プランは毎月変更可能で、翌月1日に適用されます。使用状況に合わせてプラン変更できます。

 ミニプランスマホプラン
月間データ容量月3GB月20GB
月額基本料金月額990円月額2728円
LINEギガフリー対応対応
月間データ容量超過後の
通信速度
最大300kbps最大1Mbps
eSIM対応対応
契約後のプラン変更スマホプランに
変更可能
ミニプランに
変更可能

1カ月あたりのデータ量が、スマホプランは20GBを超えた場合、月末まで通信速度を送受信時最大1Mbpsに制限されます。ミニプランは3GBを超えた場合、月末まで通信速度を送受信時最大300kbpsに制限されます。

データ量上限を超過した場合、追加データ(550円/1GB)を購入することで、通常速度で利用できます。

LINEのトーク・音声・ビデオ通話が使い放題(LINEギガフリー)

LINEMOは、LINEアプリのトーク利用や音声通話・ビデオ電話に加え、データ容量の大きな画像・動画の送受信やLINE VOOM(旧:タイムライン)への投稿などが使い放題になります。(=ギガフリー)

データ容量を使い切っても(通信速度制限がかかっても)、LINEアプリの通信速度は落ちません。

たとえばLINEの無料通話は10分間で3MB消費、ビデオ通話は10分間で51MB消費しますが、LINEMO回線利用時はこれらがデータ消費量にカウントされません。

LINEギガフリー対象機能

  • 各タブトップの表示
  • 音声通話・ビデオ通話の利用
  • トークの利用(テキスト・音声メッセージ・スタンプ・画像・動画・その他ファイルなどの送受信)
  • トークのみんなで見る機能による画面シェア
  • 各トークにおける設定・アルバム・ノートなどの表示・編集
  • LINE VOOM(旧:タイムライン)の表示・投稿・シェア※アプリからの利用
  • ディスカバー(写真・動画)の表示
  • ウォレットタブのLINE Payの利用
  • ウォレットタブのLINE家計簿の利用
  • 設定および各項目の表示・編集
  • 友だち追加画面の表示・各項目の操作・友だちの追加
  • プロフィールの表示・編集・投稿
  • 検索の利用

LINEギガフリー対象外機能

  • トークでの位置情報の共有
  • トークでのShoppin’トークの利用
  • トークでのジフマガの利用
  • トークのみんなで見る機能によるYouTube閲覧
  • Liveの利用
  • LINE VOOM(旧:タイムライン)の表示・投稿・シェア※WEBからの利用
  • ニュース記事詳細の閲覧
  • OpenChatの利用
  • スタンプショップの利用
  • 着せかえショップの利用
  • LINEファミリーサービスの利用(LINEマンガやLINEゲーム、LINE MUSIC、ポイントクラブなど)
  • LINE Liteの利用
  • 海外のアプリストアでダウンロードしたLINEの利用
  • 他社サイトへの接続(URLなどをクリック)
  • 他社アプリへの遷移

ソフトバンクと同じネットワークを使っているので高速通信できる

LINEMOはソフトバンクと同じネットワークを使っているので高速通信できます。月額990円のミニプランでもキャリア品質です。

「ソフトバンク本家だと通信できるけど、LINEMOだと通信できない場所がある」みたいな制限は一切ありません。ソフトバンクのサービスエリア=LINEMOのサービスエリアです。

格安SIMはドコモ/au/ソフトバンクにお金を払って回線を借りてサービスを提供しているため、利用者の多くなる昼休みや通勤時間帯などは通信速度が著しく低下する・通信が不安定になる傾向にあります。

しかしLINEMOはソフトバンク本家回線をそのまま利用しているため、通信速度もソフトバンク本家と同等の品質が期待できます。料金は安くしたいが通信品質は落としたくないという人にLINEMOはオススメです。

LINEMOは追加料金なしで5G通信が利用可能です。LINEMOは2021年3月17日からサービスを開始しましたが、開始当初から5Gに対応しています。

5G通信を利用するためには、5Gに対応したスマートフォン、5Gの電波が飛んでいるエリアに行く必要があります。どこでも5Gで通信できるわけではないのでご注意ください。

LINEMOの通信速度(参考)

LINEMOの速度測定結果(実測値) | 下り速度・上り速度の平均値を公開中! | みんなのネット回線速度(みんそく)

時間帯Ping下り
(ダウンロード)
上り
(アップロード)
39.39ms91.79Mbps15.66Mbps
44.04ms66.03Mbps15.32Mbps
夕方39.32ms61.8Mbps16.94Mbps
44.75ms71.72Mbps15.45Mbps
深夜42.11ms49.74Mbps12.87Mbps

 

通話オプションがお得に使える

 通話オプション
無し
通話準定額通話定額
通話オプション---月額550円月額1,650円/月
通話オプション
割引キャンペーン
適用時
---0円/月月額1,100円/月

5分以内の国内通話が無料になる通話オプション「通話準定額」(月額550円)がLINEMO契約から1年後まで無料で利用できます。

また、通話時間・回数ともに無制限で、国内通話がかけ放題になる通話オプション「通話定額「(月額1,650円)は、LINEMO契約から1年後まで月額1,100円(税込)で利用できます。

※1 一部定額対象外の通話あり。既にLINEMO利用中の方が本オプションを契約、または月途中に解除申し込みをした場合、翌請求月から適用。契約回線を解約する場合、本オプションの月額料金は日割計算を行いません。通話準定額における1回あたり5分を超える国内通話は、30秒につき22円(税込)の通話料が別途かかります。
※2 通話準定額又は通話定額に加入していない月は割引適用されません。オプションに加入していない期間も通算して割引適用期間をカウントします。

事務手数料などのあらゆる手数料が無料

LINEMOは、

  • 契約事務手数料無料
  • 契約解除料(違約金)無料
  • MNP転出手数料無料
  • SIMカード再発行手数料無料
  • eSIM再発行手数料無料
  • SIMカードからeSIM、eSIMからSIMカードへの変更時の手数料無料

などすべて無料です。

LINEMOからドコモ/au/楽天モバイル/その他格安SIMへ乗り換えるときも無料、ソフトバンクやワイモバイルに乗り換えるときも無料です。

ただし、LINEMOを契約した月・他社に乗り換えた月の利用料金の支払いは必要です(1ヶ月分満額請求)

利用料金をクレジットカード、口座振替、PayPay残高で支払える

LINEMOはクレジットカード(VISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club)、口座振替、PayPay残高払いの3つの支払い方法に対応しています。

格安SIMは口座振替で契約できないことが非常に多いのですが、LINEMOはクレジットカードを持っていない人も契約できます。ご安心ください。

PayPay残高の支払い(PayPay支払い充当)とは、事前にPayPayポイントを預かり、翌月の請求分(当月利用分)へ充当できる手続きです。

「ソフトバンクまとめて支払い」(ソフトバンクのキャリア決済)が利用できる

LINEMOでは、「ソフトバンクまとめて支払い」が利用できます。

ソフトバンクまとめて支払いとは、スマートフォンなどで購入したデジタルコンテンツやショッピングなどの代金、アプリなどの購入分を、月々のスマートフォンの利用料金とまとめて支払いできる決済サービスです。

ソフトバンクまとめて支払いは、PayPay、Yahoo!ショッピング、Amazon、hulu、メルカリ、YouTube Premium、めちゃコミック、モンスト、Pokemon GOなどで利用できます。

 

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

ドコモからLINEMO(ラインモ)に乗り換え(MNP)の注意点やデメリット

LINEMOはソフトバンク回線を使用

LINEMOはソフトバンク回線を使用してサービスを提供しているため、ドコモでは繋がったけどソフトバンクでは繋がらない場所があるかもしれません。

山間部とかド田舎とか行かない限りは問題ありません。都会で電波が悪いところは相当運が悪いと思っていいでしょう。

ドコモのAndroidスマホはソフトバンク回線との相性が悪い

ドコモから販売されているAndroidスマホは、2022年春頃までに販売された製品はソフトバンク回線に対応していないものが多いです。

2022年春・夏以降に販売された製品はソフトバンク回線に対応している製品が多いです。

大容量プランが無い

LINEMOで一番月間データ容量が多いプランはスマホプラン(月20GB)になります。

ドコモでeximoやギガホプレミアなどを利用していた人は、あっという間に20GB超過してしまう可能性があります。 なお、スマホプランは20GB超過後は最大1Mbpsで通信可能です。

対面サポートは無い

LINEMOは対面サポートはありません。

ドコモだと困ったことがあればドコモショップ実店舗に行けばどうにかなりましたが、LINEMOのサポートはチャットやLINEのみです。

LINEMOの契約者は、ソフトバンク・ワイモバイルの店舗に行っても店員はサポートしてくれませんし、電話サポートもありません。

ドコモのキャリアメールアドレスが無料で使えなくなる

ドコモからLINEMOに乗り換えると、ドコモのキャリアメールアドレス(@docomo.ne.jp)が無料で使えなくなります。

キャリアメールアドレスを使ってWebサービスを登録している人は、LINEMOに乗り換える前にGmailやYahoo!メールなどのフリーメールアドレスに全部変えるようにしましょう。

Apple IDにドコモのキャリアメールアドレスを使っている場合も変更しておきましょう。

なお、ドコモメール持ち運びサービスを申し込むことで、LINEMOに乗り換えてもドコモのキャリアメールアドレスを使い続けることができます。

回線セット割や家族割などが利用できなくなる可能性あり

ドコモからLINEMOに乗り換えると、「ドコモ光セット割」などの固定回線(光回線)とのセット割引、「みんなドコモ割」などの各種家族割引サービスが利用できなくなることがあります。

ドコモの契約回線数が減少することで割引額が減額したり、割引条件を満たさなくなったりする可能性があります。

LINEMOにはセット割引や家族割引サービスはありません。

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

ドコモからLINEMO(ラインモ)に乗り換え(MNP)でよくある質問

ドコモからLINEMOに乗り換えるベストタイミングは?

月末日までに乗り換えが完了するようにLINEMOを申し込むことをオススメします。

ドコモを解約する月・ドコモから他社に乗り換える月のドコモの利用料金は、日割り計算されずに1ヶ月分満額で請求されます。

LINEMOの利用料金は、契約した月は日割り計算されます。 月末日ギリギリになってLINEMOのSIMを申し込み、LINEMOの回線切り替え手続きが翌月になった場合、翌月分のドコモの利用料金の支払が必要になるので注意してください。

SIMカード申し込みの場合

毎月20~25日頃までに申し込むといいでしょう。

申込完了後、15時までに審査完了した場合は、最短当日でSIMカードが発送されます。15時以降に審査完了した場合は翌月の発送となります。

eSIMの場合

eSIMは最短即日で開通しますが、月末日2~3日前までに申し込んでおくと安心です。

LINEMOの審査が遅れたり、本人確認書類に不備があってもまあ2~3日あれば大丈夫でしょう。

俺は絶対に月末日の19時頃に他社から乗り換えで申し込んでも即日開通できる自身があるぜ!という人はそうすればいいですし、不安だったら月末日2~3日前までに申し込むといいでしょう。

ドコモの機種そのままでLINEMO乗り換えできる?

  • ドコモからLINEMOに乗り換える
  • ドコモで使っているAndroidスマホやiPhoneはLINEMOでもそのまま使いたい

というときは、LINEMOでSIMカードやeSIMを、「今の電話番号をそのまま使用する」で契約して、SIMロックを解除した手持ちのAndroidスマホやiPhoneに入れればOKです。

ドコモで購入したAndroidスマホはSIMロックを解除&ソフトバンク回線(LTE Band 1/3/8)に対応しているか確認してください。

SIMフリー版Andoridスマホもソフトバンク回線に対応している可能性が非常に高いです。

ドコモで購入したiPhoneは、SIMロックを解除すればLINEMOでも絶対に使えます。SIMフリー版iPhoneも絶対に使えます。

SIMカードの入れ替え/eSIMを入れただけでスマホ内の写真・動画・書類・アプリ・連絡先・LINEアカウント等のデータは消えません。すべてそのままです。

ドコモからLINEMOに乗り換え(MNP)で発生する違約金・費用は何がある?

発生する費用

  • 【ドコモ】契約解除料 : 2021年10月1日から廃止、無料
  • 【ドコモ】MNP転出手数料 : 2021年4月1日から廃止、無料
  • 【ドコモ】ドコモからLINEMOに乗り換えた月のドコモの利用料金
  • 【ドコモ】SIMロック解除手数料無料

ドコモからLINEMOに乗り換えるときに、ドコモ側で違約金(契約解除料)やMNP転出手数料は発生しません。

ドコモからLINEMOに乗り換えた月のドコモの利用料金は1ヶ月分満額で請求されます。日割り計算は絶対にされません。別途通話料・オプションサービスなどの支払いも必要です。

ドコモスマホの分割払い途中でも乗り換えできる?

  • ドコモでスマホを分割払いで購入している
  • 分割払いの支払いが終わっていない(残債がある)

状態でも、LINEMOに乗り換えできます。 ただし、ドコモスマホの代金の残りの支払いは続きます。

分割払いを継続してもいいですし、残金を一括払いして精算も可能です。 LINEMOに乗り換えたからといって、代金の残りの支払いがチャラになることは絶対にありません。

たとえば、ドコモで24回払いでiPhone 12を契約していて、18回目まで支払っているときにLINEMOに乗り換えた場合は、残り6回の支払いがLINEMOに乗り換えても継続します。

解約のお申込み時に、分割支払金残額/分割払金残額がある場合は引き続きお支払いいただきます。解約されますと、月々サポートが終了し、割引前の料金でお支払いいただくことになります。
なお、分割支払金残額/分割払金残額の全額を一括でお支払いいただき、ドコモの分割払い契約(個別信用購入あっせん契約/割賦販売契約)を終了させることも可能です。

MNPに関する問い合わせ | MNPを利用した解約お手続き方法 | お客様サポート | NTTドコモ

LINEMO側で発生する費用は何がある?

  • 【LINEMO】契約事務手数料 : 無料
  • 【LINEMO】契約初月のLINEMOの利用料金(日割り計算)
  • 【LINEMO】LINEMOで使うスマホの購入費用

LINEMOを契約した月の利用料金は日割り計算されます。

dアカウントやdポイントはLINEMOに乗り換えても使える?

dアカウントやdポイントはドコモからLINEMOに乗り換えても利用できます。 不安な人は解約する前にdポイントを全部使っておけば安心です。

ドコモのメールアドレスをdアカウントにIDに設定している人は、フリーメールアドレスに変更しておくといいでしょう。

LINEMOへの乗り換えは何日かかる?

SIMカードの場合

最短2日で利用開始できます。

申し込み完了後、15時までに審査が完了した場合は、最短当日でSIMカードが発送されます。

15時以降に審査完了した場合は翌日の発送になります。 最短パターンだと申し込み当日に発送で翌日到着、遅いパターンだと翌日発送、2~4日後到着となります。離島や沖縄・北海道は遅れる可能性があります。

eSIMの場合

最短1時間で利用開始できます。 申し込み完了後、確認を行い、問題がなければ約1~2時間で「お申し込み完了のお知らせ」メールが届きます。

その後、「eSIMプロファイルダウンロードのお知らせ」メールが届くと、eSIMの開通手続きができるようになります。

eSIM申し込み当日に「eSIMプロファイルダウンロードのお知らせ」メールが届いても、他社から乗り換えで申し込んだ場合は、回線切り替えの受付時間外だった場合は、eSIMの開通手続きはできないのでご注意ください。

LINEMOに乗り換えてもドコモのキャリアメールアドレスを使いたいんだけど?

どうしてもドコモのキャリアメールアドレスから変更したくない人は、ドコモからLINEMOに乗り換えてから31日以内に、ドコモメール持ち運び | サービス・機能 | NTTドコモを申し込んでください。

ドコモメール持ち運びは、ドコモでMNP予約番号の発行と同時に申し込むのではなく、LINEMOに乗り換えからお手続きサイトで申し込むことになります。

ドコモメール持ち運びは月額330円、1年で合計3960円かかります。

ドコモ回線解約後やahamoへのプラン変更後も、ドコモメールを引き続きご利用になれます。メールアドレス、クラウドに保存されているメールデータも、そのまま残すことができます!
ご利用には、ドコモ回線解約の場合は、31日以内のお申込みが必要です。ahamoへのプラン変更の場合は、プラン変更と同時のお申込みが必要です。

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

PayPayポイントが貰えるお得なキャンペーン実施中!

LINEMOでミニプランやスマホプランを新規契約・他社から乗り換えで契約する人を対象にしたお得なキャンペーンを実施しています。

ミニプラン基本料最大3カ月間実質無料キャンペーン

ミニプランを新規契約・他社から乗り換えで契約すると、開通日が属する月の翌々月から最大3ヶ月間990円相当のPayPayポイントが毎月貰えるキャンペーンが実施されています。

スマホプラン対象!PayPayポイントプレゼントキャンペーン

スマホプランを新規契約・他社から乗り換えで契約すると、開通日の属する月の7カ月後の上旬に最大1万円相当のPayPayポイントが貰えるキャンペーンが実施されています。

新規契約時は3000円相当、他社から乗り換え時は1万円相当のPayPayポイントが貰えます。

通話オプション割引キャンペーン2

5分以内の国内通話が無料になる通話オプション「通話準定額」(550円/月)がLINEMO契約月を1カ月目として7カ月目まで無料で利用できます。

また、通話時間・回数ともに無制限で、国内通話がかけ放題になる通話オプション「通話定額」「(1,650円/月)は、LINEMOご契約月を1カ月目として7カ月目まで月額1,100円で利用できます。

詳細は、LINEMO(ラインモ)キャンペーンまとめ記事をご覧ください。

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

  • この記事を書いた人

荒巻大輔

LINEMOinfoでは、ソフトバンクのオンライン専用料金プラン「LINEMO」について分かりやすく解説しています。新規契約・他社から乗り換えで契約する手順、LINEMOでiPhoneを使う手順を解説しています。 全てのコンテンツを荒巻大輔が執筆・監修しています。適当な外注ライターの記事は1つもありません。

-LINEMOに乗り換え