LINEMOに乗り換え

ドコモからLINEMO(ラインモ)に乗り換え・MNP手順やポイントまとめ

ドコモからLINEMO(ラインモ)に乗り換え・MNPする手順やポイントまとめ。

LINEMOでお得なキャンペーン実施中!普段よりも特典額増額中!

秋のPayPayポイント還元祭実施中!

LINEMO公式サイトでは2022年9月14日から10月3日23時59分まで、LINEMOのスマホプランを他社から乗り換えで契約すると、PayPayポイント1万3000円相当貰えます。持込端末保証に加入する場合、1000円相当増額されます。

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

はじめに

機種(スマホ)そのままで乗り換えるときは、SIMカードのみ契約すればOKです

  • ドコモからLINEMOに乗り換える
  • ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneはそのまま使いたい

というときは、ドコモでスマホのSIMロック解除手続きとMNP予約番号を発行して、LINEMOでSIMカードのみを「他社から乗り換え」で契約して、手持ちのAndroidスマホやiPhoneに入れればOKです。

2021年9月8日からは、LINEMOでもeSIMサービスの提供が開始されました。新規契約またはMNP転入で契約できます。

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

ドコモからLINEMOに乗り換えるときの申し込み手順を、契約パターンごとに簡単に解説

SIMカードのみ契約+AndroidスマホやiPhoneを使う

  • ドコモからLINEMOに乗り換える
  • SIMカードのみ契約する
  • ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneは、LINEMOに乗り換えても使い続ける
  • 過去購入したSIMフリー版AndroidスマホやiPhoneに、ドコモ本家のSIMカードを入れて使っていて、LINEMOに乗り換えてもそのスマホを使いたい
  • 新しいSIMフリー版AndroidスマホやiPhoneを購入してLINEMOで使いたい

ときの手順は以下の通り。

流れ

  • 使いたいスマホがLINEMOで動作確認されているか見る
  • 2021年9月30日までにドコモから販売されたスマホをLINEMOで利用する場合は、My auでSIMロック解除手続きをしておく
  • ドコモでMNP予約番号を発行する
  • LINEMO公式サイトにアクセスして、申し込みボタンを押す
  • 「予定しているお手続きを教えてください」では【今の電話番号をそのまま使用する】を選択
  • 「現在利用中の携帯電話会社を教えて下さい」では【他社携帯電話会社】を選択
  • 「利用するSIMを教えて下さい」では【SIMカード】を選択
  • 「ご利用予定の端末を教えてください」では、【iPhone】または【Androidスマートフォン】を選択する
  • 後は画面の指示に従って、プランやオプション選択などの手続きを進めていき、LINEMOの契約を完了させる
    途中で4桁のネットワーク暗証番号を設定するが、ネットワーク暗証番号は回線切替時に必要なので忘れないようにメモする
  • 申込完了後、1~2時間で「お申し込み完了お知らせメールが届く
  • 審査に通ると「商品発送のお知らせ」メールが届くので、SIMカードが届くまで待つ
  • LINEMOのSIMカードが届き次第、LINEMOのWEBサイトまたは電話から回線切替を行う
  • 回線切替が完了すると、ドコモが自動解約されてLINEMOが開通する
  • スマホにLINEMOのSIMカードを入れる
  • iPhoneはiPhone・iPadで通信をするための設定、AndroidスマホはAndroidのAPN設定を見て、APN設定を完了させる
  • 画面上部のステータスバーの通信事業者名が「LINEMO」になっていることを確認する。圏外ならスマホ再起動(iOSの場合は「SoftBank」となる場合あり)
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始
  • My Menuの初期設定、LINE連携を行う

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

eSIMを契約+eSIM対応スマホを用意して使う(iPhoneなど)

  • auからLINEMOに乗り換える
  • eSIMを契約する
  • eSIMに対応した、SIMフリー版iPhoneやAndroidスマホを使う
  • eSIMに対応した、SIMロック解除済みのiPhoneやAndroidスマホを使う

ときの手順は以下の通り。

手順

  • そのスマホがeSIMに対応しているかどうか、LINEMOで動作確認されているかを確認する
  • 2021年9月30日までにドコモから販売されたスマホをLINEMOで利用する場合は、My auでSIMロック解除手続きをしておく
  • UQモバイルでMNP予約番号を発行する
  • クレジットカード、本人確認書類、メールアドレスなどの契約に必要なものを揃える
  • スマホからLINEMO公式サイトにアクセスして、「申し込み」ボタンを押す
  • 「予定しているお手続きを教えてください」では【今の電話番号をそのまま使用する】を選択
  • 「現在利用中の携帯電話会社を教えて下さい」では【他社携帯電話会社】を選択
  • 「利用するSIMを教えて下さい」では【eSIM】を選択
  • 「ご利用予定の端末を教えてください」では、【iPhone】または【Androidスマートフォン】を選択する
  • 後は画面の指示に従って、プランやオプション選択などの手続きを進めていき、LINEMOの契約を完了させる
  • 途中で4桁のネットワーク暗証番号を設定するが、ネットワーク暗証番号は回線切替時に必要なので忘れないようにメモする
  • 申込完了後、1~2時間で「お申し込み完了お知らせメールが届く
  • 「eSIMプロファイルダウンロードのお知らせ」メールが届く
  • スマホに「LINEMO かんたんeSIM開通」アプリをインストールする
  • アプリを起動して、案内に従ってLINEMOのeSIMプロファイルダウンロード、回線切替手続きなどの手続きを進める
  • 回線切替が完了すると、ドコモが自動解約されてLINEMOが開通する
  • 開通したことを確認してLINEMOの利用開始

パソコンやタブレットからLINEMOの申込画面にアクセスすると、eSIMが選択できないようになっています。スマホからアクセスしてください。

ブラウザはSafariかChromeを使うようにしましょう。

eSIMの開通や初期設定は、今はアプリからできるようになっています。このアプリを使えば誰でもeSIM開通できます。

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

ドコモからLINEMOに乗り換え・MNPするときの手順

【手順①】LINEMOで使いたいスマホが動作確認されているか見る

動作確認端末|機種|【公式】LINEMO - ラインモ|格安SIMを見て、LINEMOのSIMカードやeSIMを入れて使いたいAndroidスマホやiPhoneが動作確認されているか見てください。

たとえば、キャリアを「ドコモ」にするとドコモスマホの動作確認情報のみ、「SIMフリー」にするとSIMフリースマホの動作確認情報のみ表示されます。

「eSIM対応」にチェックを入れると、LINEMOで動作確認されているeSIM対応スマホのみ表示されます。

iPhoneは、SIMフリー版iPhone 6s以降の全機種、ドコモ版はSIMロックを解除したiPhone 6s以降の全機種が利用できます。

Androidスマホは、LTE Band 1/3/8に対応していることを確認してください。SIMフリー版Androidスマホは対応している可能性が高いです。

【手順②】ドコモスマホをLINEMOでも使うなら、My docomo等でスマホのSIMロック解除手続きをする

ドコモから2021年9月30日までに販売されたAndroidスマホやiPhoneに、LINEMOのSIMカードやeSIMを入れて使う場合は、LINEMOを契約する前に、スマホのSIMロック解除が絶対に必要です。

ドコモで購入したSIMロックあり状態のスマホに、LINEMOのSIMカードを入れても、スマホはLINEMOのSIMカードを認識しません。圏外表示になります。

ドコモから2021年10月1日以降に新たに販売されるAndroidスマホやiPhone、iPhone 13シリーズは、最初からSIMロックなしのSIMフリー状態で販売されています。

【手順③】ドコモでMNP予約番号を取得する

ドコモからLINEMOに乗り換えるときは、ドコモでMNP予約番号を発行する必要があります。

ドコモでMNP予約番号を発行する方法は大きく分けて、①携帯電話や一般電話からドコモに電話、②My docomoで発行、の2つあります。

この中でオススメするのは、My docomoでMNP予約番号を取得することです。

24時間対応ですし、人と話す必要がないですし、電話と違ってすぐに手続きができます。時間のロスがありません。面倒な引き止めとかアンケートも無いです。

どうしてもやりかたが分からないという人はドコモに電話してMNP予約番号を発行してもらいましょう。

MNP予約番号の受付窓口

申込方法MNP予約受付窓口受付時間
携帯電話151に電話9時~21時
一般電話0120-800-000に電話9時~21時
My docomoトップ→契約内容・手続き
→ドコモオンライン手続き
24時間対応

【ポイント】MNP予約番号は10日以上残っていないとダメ

LINEMOをオンラインで申し込むときには、MNP予約番号のMNP有効期限が10日以上残っている必要があります。

MNP予約番号を発行したらすぐにLINEMOに申し込むようにしましょう。

有効期限が9日以内の場合は再度MNP予約番号を取り直してください。MNP予約番号は何回発行しても無料です。

MNP予約番号を発行しただけでドコモが解約されることは無い

ドコモでMNP予約番号を発行した=その時点でドコモが解約されるということは絶対にありません。

ドコモが解約されるのは、LINEMOに回線切替が完了したときです。

【手順④】LINEMOのSIMカードやeSIMを申し込む

LINEMO公式サイトにアクセスして、LINEMOのSIMカードやeSIMを申し込みましょう。

LINEMOをオンラインで申し込むときには、MNP予約番号のMNP有効期限が10日以上残っている必要があります。

eSIMはパソコンからは申し込めないので、スマホからLINEMO公式サイトにアクセスして申し込んでください。

LINEMOの申し込み完了後、約1〜2時間で「お申し込み完了のお知らせ」というメールが届きます。審査に通ると「商品発送のお知らせ」というメールが届きます。商品が届くまで待ちましょう。

手順

  • LINEMO公式サイトにアクセスして、申し込みボタンを押す
  • 「予定しているお手続きを教えてください」では【今の電話番号をそのまま使用する】を選択
  • 「現在利用中の携帯電話会社を教えて下さい」では【他社携帯電話会社】を選択
  • 「利用するSIMを教えて下さい」では【SIMカード】または【eSIM】を選択する
  • 「ご利用予定の端末を教えてください」では、【iPhone】や【Androidスマートフォン】のどちらかを選択する
  • 後は画面の指示に従って、プランやオプション選択などの手続きを進めていき、LINEMOの契約を完了させる
    途中で4桁のネットワーク暗証番号を設定するが、ネットワーク暗証番号は回線切替時に必要なので忘れないようにメモする
  • 申し込み完了画面で表示される「受注番号」をスクリーンショットで保存しておく
  • 1~2時間で「お申し込み完了お知らせメールが届く

「今の電話番号をそのまま利用する」を選択

 

ドコモからLINEMOに乗り換えるときは、「予定しているお手続きを教えてください」では、【今の電話番号をそのまま利用する】を選択してください。

「他社携帯電話会社」を選択

ドコモからLINEMOに乗り換えるときは、「現在利用中の携帯電話会社を教えてください」では、【他社携帯電話会社】を選択してください。

「SIMカード」または「eSIM」を選択

「利用するSIMを教えてください」は、SIMカードで契約するときは「SIMカード」を、eSIMで契約するときは「eSIM」を選択してください。

利用予定の端末がeSIMに対応していない場合や、SIMカードとeSIMどちらを選んだほうがいいかわからない場合は迷わずSIMカードを選びましょう。

eSIMで契約する人は、本当にそのスマホがeSIMに対応しているかを確認してください。

「ご利用予定の端末を教えてください。」では、【iPhone】または【Androidスマートフォン】を選択してください。

申し込み時のポイント

申し込み途中で入力する「ネットワーク暗証番号(4桁)」をメモしておきましょう。ドコモからLINEMOに回線切替手続きするときに必要です。

申し込み完了画面で表示される「受注番号」をスクリーンショットで保存しておきましょう。万が一トラブルが起きたときに問い合わせるときに受注番号が必要です。

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

LINEMOのSIMカードが手元に届いてから開通までの手順を解説

手順

  • 数日後にLINEMOのSIMカードが手元に届く
  • LINEMOのWEBサイトまたは電話から回線切替を行う
  • SIMカードを任意のサイズに切り取って、スマホにLINEMOのSIMカードを入れる
  • キャリア版スマホの場合は、AndroidスマホはSIMロック解除コードの入力、iPhoneはアクティベーションを行う
  • iPhoneはiPhone・iPadで通信をするための設定、AndroidスマホはAndroidのAPN設定を見て、APN設定を完了させる
  • 画面上部のステータスバーの通信事業者名が「LINEMO」になっていることを確認する。圏外ならスマホ再起動(iOSの場合は「SoftBank」となる場合あり)
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始
  • My Menuの初期設定、LINE連携を行う

新スマホを使う場合は、回線切替完了の前後で新スマホを使えるようにしておく

LINEMOでは新しいスマホを使う場合は、回線切替完了の前後で新スマホが使える状態にしておきましょう。

新スマホにLINEMOのSIMカードを入れて、新スマホの初期設定やデータ移行を完了させた状態で、回線切替するとすぐにLINEMOでデータ通信や音声通話ができるようになります。

回線切替完了後に新スマホの初期設定やデータ移行をすると、作業が完了するまで電話の出られない可能性があります。

電話なんてめったにかかってこない人なら大丈夫ですが、よくかかってくる人は注意してください。

【手順①】LINEMOからSIMカードが届き次第、LINEMOで回線切替を行う(MNP転入時のみ)

SIMカードが手元に届いたら、現在契約している携帯電話会社からLINEMOに回線を切り替えるためには、LINEMO側で回線切替手続きが必要です。

回線切替手続きは、WEBサイトまたは電話で行えます。

切り替え時には、①申し込み時の受注番号、②携帯電話番号、③契約時に設定した4桁の暗証番号が必要になります。

たとえばドコモからLINEMOに乗り換える場合は、LINEMO側で回線切り替え手続きが完了すると、ドコモが圏外&ドコモとの契約が自動解約され、LINEMO回線が開通します。

WEBでの受け付け <オススメ>

  • 【受付時間 9:00 〜 20:30】
  • 「商品発送のお知らせ」メールに記載のURLより、手続きを行ってください

電話での受け付け

  • 【受付時間 10:00 〜 19:00】
  • 自動音声通話でも切り替えを受け付けています
  • 詳細は同梱の冊子や「商品発送のお知らせ」メールをご確認ください

【手順②】SIMカードを任意のサイズに切り取って、スマホにSIMカードを入れて電源オン

LINEMOのSIMカードは「マルチSIM」です。1つのSIM台紙から、「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」の3つのサイズに切り離しできます。

マルチSIM台紙から使いたいサイズのSIMサイズで切り取って、LINEMOで使いたいスマホにSIMカードを入れてください。ちなみにiPhoneのSIMサイズはnanoSIMです。

SIMカードを入れたら電源をオンにすると、iPhoneアクティベーション画面、AndroidスマホはSIMロック解除コード入力画面が表示されることがあります。

表示されたら画面の指示に従って操作してください。

【手順③】AndroidスマホやiPhoneでAPN設定や初期設定を行う

回線を今の携帯電話会社からLINEMOに切り替える手続きをした後は、スマートフォン本体で「APN設定」をする必要があります。

APN設定とは、簡単に言えば「LINEMOの回線にログインするために必要なIDとパスワードを入力する」作業と思ってください。

APN設定の詳細は以下のページをご覧ください。

【手順④】開通していることを確認してLINEMOの利用開始

  • LINEMOで回線切替が完了している
  • スマホのAPN設定が完了している
  • 使いたいスマホにLINEMOのSIMカードやeSIMを入れている
  • キャリア版スマホならSIMロック解除をしている

順番は前後してもいいので、この3つの作業が完璧であればLINEMOが開通しています。

天気予報や時報に電話をかけたり、Wi-Fiをオフにしてネットを見たりして、しっかり開通していることを確認してください。

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

LINEMOのeSIMの開通手順、スマホがeSIMで通信できるようにするための設定方法を解説

手順

  • 「eSIMプロファイルダウンロードのお知らせ」メールが届く
  • 「LINEMO かんたんeSIM開通」アプリをインストールする
  • アプリを起動して、案内に従ってLINEMOのeSIMプロファイルダウンロード、回線切替手続きなどの手続きを進める
  • 開通したことを確認してLINEMOの利用開始

LINEMOのeSIMの開通手順は、アプリを使う方法とアプリを使わない方法の2種類あります。

アプリを使う方法であれば、LINEMOのeSIMを使うスマホ1台だけで設定が完了します。ここではアプリを使う方法で解説します。

アプリを使わない方法は、LINEMOのeSIMを使うスマホとは別に、もう1台端末(PC/スマホ/タブレット)が必要です。端末を用意できる人・上級者はアプリを使わない方法で開通させましょう。

【手順①】「eSIMプロファイルダウンロードのお知らせ」メールが届く

LINEMOをeSIMで申し込んだとき、審査が通ると「eSIMプロファイルダウンロードのお知らせ」というメールが届きます。

このメールが届くとeSIMの利用開始手続きができるようになります。

【手順②】「LINEMO かんたんeSIM開通」アプリをインストールして初期設定する

「LINEMO かんたんeSIM開通」アプリを利用すると、eSIMのプロファイルダウンロードや、通信をするための設定などを簡単に設定できます。

Wi-Fiに接続してアプリをインストールし、案内に従って開通を進めてください。

アプリでeSIM対応端末かどうかの確認、eSIMのプロファイルダウンロード、回線切替手続きなどがアプリだけで完結するようになっています。

回線切替手続きのWEBでの受付時間は9時から20時30分までです。この時間以外だとそもそも回線切替手続きができないのでご注意ください。

【手順③】開通したことを確認してLINEMOの利用開始

  1. eSIMのインストールが完了している
  2. 現在契約している携帯電話会社からLINEMOに回線を切り替えている
  3. iPhoneのiOSバージョンがiOS 14.5以上、キャリア設定アップデートをアップデートしている

順番はどうでもいいので、以上の作業がしっかりできれいれば、iPhoneがLINEMOの回線に繋がっているはずです。

iPhoneの画面上部のステータスバーの通信事業者名が「LINEMO 4G」とか「LINEMO 5G」になっていればOKです。

もしもLINEMOに繋がらない場合はもう一度再起動するか、機内モードオンオフを試してみてください。

Wi-Fiをオフにして、4Gでデータ通信ができること、電話ができることを確認したら設定は終わりです。県外になっていたら再起動してみてください。

LINEMOでの生活をお楽しみください。

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

ドコモからLINEMOに乗り換え・MNPでよくある誤解

ドコモからLINEMOに乗り換えるベストタイミングは?

ドコモを解約する月・他社に乗り換えた月の利用料金は、日割り計算されずに1ヶ月分満額請求されます。

LINEMOを月の途中で契約した場合は日割り計算されて請求されます。

SIMカードを申し込むときは25日頃までに申し込むといいでしょう。SIMカードは手元に届くまで数日かかりますし、審査に不備やミスがあるとその分SIMカードの発送が遅れてしまいます。

eSIMを申し込むときは、27~28日頃までに申し込むといいでしょう。eSIMは最短1時間程度で利用開始できますが、審査に不備やミスがあるとその分遅れてしまいます。

SIMカード契約時は、月末ギリギリの乗り換えは危ないのでやめるべき

ドコモからLINEMOに乗り換えるとき、月末ギリギリになって慌ててLINEMOのSIMカードを申し込むと、LINEMOで開通手続きをするのが翌月になってしまう可能性があります。

たとえば、

  • ドコモからLINEMOに乗り換える
  • 1月29日にドコモでMNP予約番号を発行して、LINEMOにを他社から乗り換えで申し込んだ
  • 2月1日にSIMカードが届いた
  • 2月1日に、LINEMOで回線切替手続きをした

といった場合は、ドコモが解約されるのは2月1日付けになります。1月29日ではまだ解約されていません。

そのため、ドコモで2月分の月額料金の支払いが必要になります。日割りされないので1ヶ月分請求されてしまいます。

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

ドコモからLINEMOに乗り換え・MNPで発生する費用は?

発生する費用

定期契約の料金プラン解約時に設定している「違約金(契約解除料)」は、2021年10月1日に廃止されました。

ドコモから他社に乗り換える際に設定されているMNP転出手数料は、2021年4月1日に廃止されました。

2019年9月30日までに提供されている料金プランを契約している場合は、MNP転出手数料2200円かかるので注意してください。嫌ならプラン変更してください。

ドコモからLINEMOに乗り換えても、ドコモで買ったスマホの代金の残りの支払いは続きます。代金の残りの支払いがチャラになることは絶対にありません。

たとえば、ドコモで24回払いでiPhone 12を契約していて、18回目まで支払っているときにLINEMOに乗り換えた場合は、残り6回の支払いがLINEMOに乗り換えても継続します。

残金は分割払いを継続して支払いしても、一括払いして精算してもOKです。

dアカウントやdポイントはLINEMOに乗り換えても使える?

dアカウントやdポイントはドコモからLINEMOに乗り換えても利用できます。

不安な人は解約する前にdポイントを全部使っておけば安心です。

dアカウントについて

そのままご利用になれます。
ドコモのメールアドレスをIDに設定しているお客様はIDの変更をおすすめします。

dポイントについて

dポイントおよび、dポイント(期間・用途限定)については、ドコモ回線解約前にその回線に対するdアカウントを発行していれば、引き続きご利用になれます(dアカウントにて本サイトにログインされますと、履歴確認なども引き続きご利用になれます)。
また、ドコモ回線解約前に利用者情報登録していたdポイントカードも引き続きご利用になれます。

ただし、ドコモ回線解約前にdアカウントを発行していない場合、ポイントは失効し、利用者情報登録していたdポイントカードもご利用になれなくなりますので、必ず解約前にはdアカウントを発行されますよう、お願いいたします。

また、ポイント共有グループをご利用になっている場合、dアカウントをお持ちであれば、解約後もポイント共有グループとして引き続きご利用になれます。ただし解約される回線が代表回線であった場合、解約前に代表変更のお手続きが必要となります。

さらに、dポイントを送る機能により、他のdポイントクラブ会員に送ることもできます。詳しくは、dポイントを送る機能とはでご確認ください。

どうしてもドコモのキャリアメールアドレスを使いたいんだけど?

お金を払ってでもドコモのキャリアメールアドレスから変更したくない人は、ドコモからLINEMOに乗り換えてから31日以内に、ドコモメール持ち運び | サービス・機能 | NTTドコモを申し込んでください。

ドコモメール持ち運びは、ドコモでMNP予約番号の発行と同時に申し込むのではなく、LINEMOに乗り換えからお手続きサイトで申し込むことになります。

ドコモメール持ち運びは月額330円、1年で合計3960円かかります。

スマホの分割払い途中でも乗り換えできる?

購入したスマホの分割払いが終わっていなくても、

  • ドコモでMNP予約番号を発行できます
  • ドコモからLINEMOに乗り換えできます
  • ドコモを解約できます

分割払いが終わっていないという理由で、MNP予約番号の発行、ドコモから他社への乗り換え、ドコモの解約ができませんよ、なんて言われることは絶対にありません。

なお、ドコモからLINEMOに乗り換えたからといって、ドコモの分割払いがチャラになることは絶対にありません。

ドコモでスマホを分割払いで購入していて、その支払が終わっていない場合は、LINEMOに乗り換えても支払いは続きます。分割払いで支払い続けてもいいですし、残額を一括払いして精算も可能です。

どのタイミングでドコモは解約される?

LINEMO側で回線切替が完了すると、ドコモとの契約が自動で解約されて、LINEMOが使えるようになります。

回線切り替え完了するまではドコモの回線が使えます。

なお、SIMカードの到着日から6日後の20:30までに切り替えを行わなかった場合、その翌日(SIMカード到着日の7日後)にLINEMOが強制的に回線切替を行います。

ソフトバンクショップとかでLINEMOへの乗り換え手続きや相談はできる?

LINEMOの契約はオンラインのみです。ソフトバンクやワイモバイルなどの店舗、家電量販店で契約はできません。

問い合わせなどの質問や相談は、チャットやLINEで受け付けています。ソフトバンクやワイモバイルなどの店舗、家電量販店で契約はできません。

そういったコストを削減することで、安い料金プランを提供しています。

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

LINEMOを契約するとPayPayポイントが貰えるお得なキャンペーン実施中!

  • 【ミニプランのみ対象】ミニプラン基本料最大半年間実質無料キャンペーン(PayPayポイント990円相当が6ヶ月間プレゼント)
  • 【スマホプランのみ対象】PayPayポイントあげちゃうキャンペーン(PayPayポイント最大1万円相当プレゼント)

【ミニプランのみ対象】ミニプラン基本料最大半年間実質無料キャンペーン(PayPayポイント990円相当が6ヶ月間プレゼント)

LINEMO公式サイトから「ミニプラン」を新規契約、または他社からの乗り換えで契約すると、PayPayポイント990円相当を6カ月間毎月プレゼントされる、「ミニプラン基本料最大半年間実質無料キャンペーン」が開催されています。(2022年5月20日から終了日未定で実施中)

ミニプランは月額990円なので、キャンペーンにより6ヶ月間ミニプランが実質0円で利用できます。楽天モバイルから乗り換える人、LINEMOをサブ回線として契約する人に最適なキャンペーンです。

 ミニプラン
他社から乗り換えPayPayポイント
990円相当還元
新規契約PayPayポイント
990円相当還元
ソフトバンク
ワイモバイル
LINEモバイルから乗り換え
対象外
  • スマホプランは対象外
  • ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えの場合は対象外

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

【スマホプランのみ対象】PayPayポイントあげちゃうキャンペーン(PayPayポイント最大1万円相当プレゼント)

LINEMO公式サイトから「スマホプラン」を新規契約するとPayPayポイント3000円相当、他社から乗り換えで契約するとPayPayポイント1万円相当プレゼントされる、「PayPayポイントあげちゃうキャンペーン」が開催されています。

 ミニプラン
他社から乗り換えPayPayポイント
1万円相当還元
新規契約PayPayポイント
3000円相当還元
ソフトバンク
ワイモバイル
LINEモバイルから乗り換え
対象外
  • ミニプランは対象外
  • ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えの場合は対象外
  • 特典付与対象判定月(開通日が属する月の4カ月後)までに一度でも「ミニプラン」にプラン変更した場合は、特典付与の対象外

LINEMOの詳細や申し込みはこちらから!

LINEMO(公式サイト)

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

  • この記事を書いた人

LINEMOinfo編集部

LINEMOinfoでは、LINEMOの新規契約・他社から乗り換えで契約する手順、LINEMOでiPhoneを使う手順を分かりやすく解説しています。格安SIMは2015年から契約しています。

-LINEMOに乗り換え